ブログトップ

Sunny Afternoon

misacook.exblog.jp

鶏肉のパエリア

b0210003_1119137.jpg

主人の好物の一つ(だと思う)パエリア。
パエリアといえば、魚介類を入れて作るのがポピュラーだと
思いますが、わが家ではこの鶏肉を使ったパエリアが定番です。
鶏肉の方が買いやすく気軽に作れるので、
いつの間にかそうなっちゃったんですよね。

鶏肉と言ってもべつに立派な骨付き肉を使うわけでもなく、
普通に売ってるもも肉に鶏ガラスープを足して作ります。
うちはいつも冷凍に鶏ガラスープがストックしてあるので、
パンがない時やメニューを考えるのが面倒な時は
いつもこの鶏肉のパエリアに助けられてます。

でもやっぱり本来はシーフードなんだろうなと思い
調べてみたら、意外にそうでもないらしい。
パエリア発祥のスペイン東部バレンシア地方では、
鶏、ウサギ、カタツムリ、インゲン豆、パプリカなどを用い、
山で採れるものを具材にして作るものなんだそうです。
バレンシアの猟師が獲物とお米を一緒に煮込んだのが
そもそもの始まりで、これが本来のバレンシア・パエリア。
うーん、たしかにカタツムリからはいいダシがでそうですね。

パエリアは火加減ひとつで仕上がりが全く変わってしまうので、
その辺りが非常に難しく、失敗することもしばしば。
正直に言うと、今回もちょっとべちゃっとしてしまいました。
最近やわらかめに炊きあがるお米を買っているので(息子が
食べやすいように)それも失敗の原因の一つだと思うのですが、
まあコツを掴むまでには、まだまだ修業が必要ですね。
とにかく毎回成功を祈りながら作ってます。
by misa_cook | 2011-05-24 11:20 | 晩ごはん
<< ブルーベリーとブルーチーズのピッツァ 大相撲観戦 >>